記憶喪失学

何がどうなってこうなったのか。

今週は一度も学校へ行けなかった。

 

菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラールのライブがあったから東京に帰ってこれたようなもので、私はまだまだあの優しさと寒さと温かさのある実家に恋人と一緒に居たかったのだ。

 

でも、ライブはそれはそれは素敵なもので、具合が悪くなる前にチケットを申し込めて良かったなって本当に思った。一列目の右側で、菊地成孔を拝むには丁度良いところだった。やわらかい溶けてなくなってしまいそうな歌声に惚れ惚れとしていた。勿論、サックスも格好良くて、久々に聴くアルトサックスの音に懐かしさを覚えた。所作も、粋なおしゃべりも、全部素敵だった。あと、鳥越啓介のコントラバスも聴けてもう感無量。彼の天を仰ぐような演奏がすごく好きで、音楽に?自分に?浸ってる感が凄くて大好き。一緒にお洒落して行ってくれた恋人にも感謝している。お客さんは大体の方が私たちより大人で、着飾っているお姉様方がいらして、なるほど〜って。笑

帰りはお酒飲みたいねって話して、恋人の提案でオイスターバーへ行った。お酒が弱いから、すぐ酔ってしまった。でも気分は凄く良かったの。

 

そんなこんなで余韻が…。

しばらく何もしたくない。家にいて、家のことをやっていたい。洗濯や掃除、花瓶の水換え、お湯を沸かすこと、それだけで精一杯。

 

恋人は仕事へ行って、私は只管に帰りを待つ。ずっとそれじゃあダメだけれど、今週くらいは許してもらおう。

 

f:id:y8k:20170922162903j:image